News

Scroll

2021.04.23

正しいシャンプーのやり方☆

お湯(シャワー)で十分に洗い流します

まず、髪を十分にお湯(シャワー)で約2~3分流します。多くの汚れはお湯でとれます。
十分にお湯で汚れを流しておくことによって、少量のシャンプーで洗髪することができます。

お湯の温度は37~38℃のぬるま湯

シャンプーを手のひらにとり、十分に泡立てます

お湯洗いで落ちなかった皮脂や整髪料の汚れをシャンプーで落とします。
シャンプーを手のひらにとり(500円玉程度)、良く泡立てます。

地肌をマッサージするように洗います

よく泡立ったら頭皮につけて指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように洗います。
この時に爪を立てて洗うと地肌を痛めてしまいますので、指の腹でやさしく洗うことが大切です。

スタイリング剤などが付いている場合は2回シャンプーをオススメ致します。

シャンプーをよく洗い流します

シャンプーが髪や頭皮に残らないように、しっかりと洗い流します。
どんなに優しいシャンプーでも、頭皮や髪に残してしまうと頭皮トラブル(かゆみ、匂い、フケ)の原因になりますので、シャンプーが残らないように、すすぎは丁寧にしましょう。

トリートメント(コンディショナー)を塗布します

コンディショナーをさくらんぼサイズを手に取り、中間から毛先にかけて優しく塗布します。(髪は中間~毛先の部分がダメージが蓄積しやすい

その後1~2分程放置し、優しくしっかり洗い流します。
一般の皆様はトリートメントをしっかり流しすぎたらもったいないとか、栄養成分が流れてしまうと考える人が多いでしょうが、栄養を補給して余分に余った栄養素をそのまま髪に残してしまうと、
べたつきやペタンコな質感、匂いなど様々な原因になることも!!

髪と地肌をしっかり乾かします

タオルで髪を挟むように優しく水分をとります。次にドライヤーでしっかり乾かします。頭皮がいつまでも濡れている状態にしていると、地肌が蒸れて雑菌などが繁殖し、匂いやかゆみ、フケのもとになりますので、地肌は素早くドライヤーで乾かしてください。

以上をしっかりやって頂ければ、髪も頭皮も健康でいれますよ☆